お部屋にお茶の香りを届ける便利な道具「茶香炉」

お部屋にお茶の香りを届ける便利な道具「茶香炉」

茶香炉は、上皿に乗せた茶葉に熱を加えて香りを芳香させる道具です。香りを楽しむといえば、アロマディフューザーを使ってアロマオイルの香りを芳香させるアロマセラピーが良く知られていますが、最近はこの「茶香炉」の人気が高まりつつあります。

 

茶香炉(チャコウロ)とは?

茶香炉とは、お茶の香炉のことです。日本語では、「茶」と「香」を意味します。茶香炉は、日本、韓国、台湾でとても人気があります。
茶香炉は、ドーム型の容器で構成されています。ドームの上に茶葉を置き、ドームの中にろうそくの火を点けて容器が熱くなるように作られています。

芳香浴はしたいけれど、アロマオイルのような強い香りや、お香のような煙たさが苦手という人にも茶香炉はおすすめです。

 

お茶の香りを嗅ぐと自然とリラックスできて心が安らぎます。また、茶葉には殺菌消臭効果もあるので、お部屋の消臭にも効果的です。

 

お茶の香りが持つ効能

お茶の香りを嗅ぐと緊張がほぐれ、ホッとした気持ちになれます。親しみのある香りだからということもありますが、それにはお茶に含まれる香り成分に理由があります。

お茶に含まれる香り成分は約300種類あるとされています。その中で茶葉独特の香りを作るのは青葉アルコール、リナロール、ゲラニオールの3つです。

青葉アルコールは植物独特のさわやかな香りを出します。気持ちをおだやかにして、疲労回復効果があります。

リナロールは花のような甘い香りがします。鎮静作用があり、血圧を降下させたり、抗うつ作用があります。

ゲラニオールは、華やかなバラのような香りがする成分です。不安感の解消、精神的な緊張をほぐす効果があります。

このようにお茶の香りにはストレスを感じる我々の日常にぴったりの効能があるのです。

 

茶香炉の種類

茶香炉には、熱する方法の違いでろうそく式と電気式があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、好みや必要に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ろうそく式

ろうそく式の茶香炉は、ろうそくの火の熱で茶葉を乗せた上皿を熱することで香りを芳香させます。最も一般的なタイプです。

メリット

温度が上がりやすいので、香りをより引き立たせることができ、ろうそくの炎の揺らぎが見えることで嗅覚からのリラクス効果だけでなく、視覚からもリラックス効果を得ることができます

デメリット

火を使うので取り扱いに注意が必要です。子供やペットがいる家庭は置く場所に注意しなくてはいけません。ろうそくは消耗品なので、買い足していく必要があります。

 

電気式

電気式の茶香炉は、ポットの部分に電球が入っていて、電球の熱によって上皿に乗せた茶葉を熱して芳香させます。

メリット

火を使わないので安全です。常夜灯として使用することもできます。

デメリット

ろうそくに比べると温度が上がりにくいので、芳香も弱くなる傾向があります。

 

茶香炉におすすめの茶葉

茶香炉に使用する茶葉はどのような種類でも使用することができます。普段飲んでいる茶葉でも良いですし、お気に入りの香りがあれば茶香炉用に購入するのもおすすめです。

もし古くなった茶葉があれば茶香炉で熱することで、ほうじ茶のように香ばしくなり、芳香後飲むことも可能になります。

色々な香りを楽しみたい場合にはお茶屋さんで、少量ずつ量り売りで茶葉を購入するのもおすすめです。

 

茶葉はあまり長時間熱し続けると焦げたようなにおいがしてくることがあるので注意してください。

よく香りが立つのは茎茶です。茎茶は新芽の茎の部分だけを集めたものです。葉の部分がないので焦げにくく、香りが長時間続くため茶香炉で使用しやすい茶葉です。かりがねと呼ばれることもあります。

 

緑茶だけでなく、紅茶やハーブティーコーヒー、コーヒーも使用することができます。

使用済みの茶葉の場合には、水気があると皿に焦げ付いてしまうので、天日干しでよく乾燥させるか、キッチンタオルの上に並べて電子レンジで加熱して水気を飛ばしてから使用するようにしてください。